今西太一 プロフィール
京都でのバンド活動を経て、1992年にメジャーデビュー。
有名アーティストの前座やラジオのパーソナリティ、CM曲制作、役者としての映画出演など必死に戦うも99年事務所契約解消。
それでも彼は歌い続け、現在全国で年間約120本のライブをこなす。
同世代のみならず、若い世代からも彼の歌、彼の生き様が絶大な支持を受けている。


HISTORY
 
2014 木村ゆかとの共同作品「スカイライン」発売。
2012 「GOD SAVE THE TAICHI」発売。
2008 旅の途中で出会った仲間達と、各地で創ったアルバム「男の旅路」発売。
2005
05/25 東京・横浜の若手アーティストが集結したアルバム「J-POP」
半生記・歌詞などを集めた本「40 今西太一」
ライブ映像と音源を収録したDVD+CD「勇気の花」
3作品 同時発売
北海道〜九州まで全国各地で発売記念ライブツアーを行う。


劇団「GUMBO」の作品マインドイーターの主題歌をてがける。
同作品はオーストラリアでの演劇コンクールで受賞するなど高い評価を得る
03/05,06 大阪ペーニャにてDVD収録ライブ2DAYS。
   
12 舞台「鬼哭啾啾」の音楽をてがける(12/25.26ワッハ上方)
10/10 ドラムに元B.B.Bの角谷氏加入。新生ハッピーズでワンマンライブ(京都 都雅都雅)
08 ライブCD「ライブ イズ ビューチフル Vol.1 Vol.2」を発売
07/31 京都西院ミュージックフェスティバルに参加、大反響を得る。
07/27 2度目の北海道上陸。札幌でライブを行う。
05/01.02 お京阪ライブ「大阪編」ペーニャにて初の2DAYSライブを満員に。
04/11 お京阪ライブと題したライブ企画を行う。「京都編」都雅都雅ワンマン。
01 尼崎ピッコロ劇団の舞台「道の駅」の音楽担当となる。
(3/6.7 尼崎ピッコロシアター)
2004
09/21 「私は祈る」をオーケストラ録音。CD発売。
同日、オーケストラをバックに京都 都雅都雅にて発売記念ライブ
09/14 川崎CLUB CITTAで小野正利らと共演。大反響を得る。
06/20 六本木morphにて本格的に東京での定期的なライブ開始。
06 京都に続いて、大阪、福井でもCD発売記念ライブを成功させる。

世界本店レコードより3枚目のアルバム「自分を讃える詩」発売
同日、京都 拾得での発売記念ライブも大盛況。
04/24.25 北海道での初ライブで大反響を得る。
01/26 京都 都雅都雅で鈴木 崇らと共演。
01 「さよならそれなら」を収録した、マッシュルーム2ndシングル発売。
2003
12/31 なんばHatchカウントダウンライブで総合司会という大役を果たす。
10 KBS京都ラジオ「こちら青春放送局」ナビゲーター担当4年目に
関西を中心に多数のライブ、世界本店レコードイベントライブを行う。
一方で、東京・横浜・博多でも精力的にライブを行う。
2002
関西テレビ、ABC放送系列で流れる長栄ホームのCMソングをてがける。
12/24 イマニシタイチとハッピーズとして1stマキシシングル「四条河原町」を
世界本店レコードより発売。
12/06 新人バンド「マッシュルーム」に楽曲を提供。(R&Cジャパンよりデビュー)
2001
12/24 世界本店レコードより2枚目のアルバム「35boy」を発売。
同日、発売記念ライブを成功させる。
02/06 世界本店レコード設立。初となるCD「Wonder-full Life」を発売。

関西を中心に精力的にイベント出演。
チト河内とともに、広島、東京にてライブを成功させる。
2000
10 KBS京都ラジオ「こちら青春放送局」ナビゲーター担当。
浅野忠信主演、泉谷しげるなどが出演する映画「白痴」に出演。
KBS京都ラジオ「NW1クラブ サーチエンジン」レギュラーコーナー担当。
09 KBS京都ラジオ「ハイヤングKYOTO]が惜しまれつつも終了。
2/24 3rdアルバム「遠くの友達へ〜END OF MY INNOCENCE」発売。
文化放送「ファンキーリップス」にてエンディングテーマになる。
チト河内らと「Chichumega605」結成。レコーディングを行う。

関西を中心に多くのイベントに出演、京都でストリートライブを開始。
Gb主催イベントにプロペラ、THE LOVEとともに出演。
神戸サンテレビ「とどけおいらの音革命」にて「遠くの友達へ」がエンディングテーマになる。
1999
06〜08 「寄り道ライブ」と題して京都拾得でマンスリーライブを行う。
FM長崎他5局で「今西太一の遠くの友達へ」スタート。
5枚目のマキシシングル「海の見える丘で」発売。

KBS京都ラジオ「ハイヤングKYOTO]が「今西太一のバズーカゾーン」
として新たにスタート。

「寄り道ライブ」〜’98日々〜ファイナルと題して京都磔磔にてライブ。

4枚目のマキシシングル「遠くの友達へ」発売。
京都タワーレコードでインストアライブを行う。

KBS京都主催イベント「かたつむり大作戦」に参加。

新宿日清パワーステーションでのライブ「真夜中の雰囲気一発」に出演。
1998
08〜11 「さよならそれなら」と題して渋谷Egg-manにてマンスリーライブ。

中京テレビ「総楽天ライブ」に泉谷しげる、キャイーンらと出演。

新宿日清パワーステーションでの「POP CROSS ACOUSTICVIRSION」に出演。

KBS京都「ステーションパラダイス」出演。

KBS京都ラジオ「ハイヤングKYOTO]スタート。火曜日を担当する。

「SHOW CASE’97 FALL ACOUSTIC NIGHT」に出演。
〈新宿日清パワーステーションにて)

3枚目のシングル「さよならそれなら」発売。

チト河内を迎えての第1弾となる。α-station(FM京都)「SOUND OASIS」ゲスト出演。
1997
新宿日清パワーステーションのカウントダウンイベントに
忌野清志郎、HIGH−LOWSらとともに出演。

「僕と君のうた」主催。山崎まさよしらと。(下北沢ディスクガレージ)
同第2弾「〜’96夏」をTHE PETE BESTらと行う。

ドラマ「なにわ金融道」出演。

ドラマ「HEARTS」に出演。

渋谷Egg-manで「LIVE UFO’95」でワンマンライブ。

阪神・淡路大震災へのチャリティ活動として泉谷しげる氏が立ち上げた
「フォークゲリラ」に自らも京都で体験した一人として参加。

フジテレビ「HEY HEY HEY」出演。
1995
セカンドアルバム「I love you so」、シングル「夢」を発売。

シングル「BLUE」、アルバム「プラネタリウム」でポリドールよりソロデビューを果たす。
1994
ドラマ「KIDS STORIES」に出演。

ハウスバーモントカレーのCMソングを歌う。
1993
マザー・エンタープライズと契約。
ソロアーティスト「今西太一」としての活動をスタート。
1992
オールナイトニッポン「ROCKでチョンマゲ」スタート。
1990
京都学園大学軽音楽部にて「THE B.B.B」を結成。
京都を中心にライブ活動を開始する。
1986
10/29 奈良県にて誕生。
1965